うたうように、はなすように、ゆっくり、ゆっくり と。○
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
cannot be seen“voice”


夏暮れを、聴いている。

(- なんとなく、)という、曖昧な理由。特別な想いは、見当たらない。

ふらっと海へ行こう、なんて思うことが 増えている。
誰の声が、聞こえる訳ではないのだけれど
“海へ行きたい” と思う日が ふと、やって来る。

荒波に魅かれるのは、いつか行きたい地を想うから。

昔は感傷的な想いに、似ていた気がするけれど
今は、少し変わってきている。 あれから10年だもの。

渦巻く場所も、荒波も、人浚いのような風も
此処があるから、何処かはキレイすぎるくらい

優しくて、暖かくて、柔らかなのだと 今ならわかる気がする。

理由を伝えないまま - ひとりで行きたいと、話したら
唯一かなしんでくれた人のことも、今ならわかる気がする。

時間が空いて、というよりも その瞬間に出会ってしまったとき
色や言葉が、気持ちを通って 鮮やかになる。

ささやかなことで、笑っていて。ささやかなことで、泣いていて。
ささやかなことで、嬉しがって。ささやかなことで、傷ついていて。

それでもまだ、止まらないことを感じている。


ほんの少し前、自分の言葉を諦めようと思った。
でも、そんな自分を掬いあげてくれたのも また言葉だった。

声にならない想いを、言葉にすること。
言葉にのせて伝えたいことを、声にすること。
止まらない限り、大事なことなんだって。

cannot be seen...“voice”
いいえ、きっと いつか もっと素直になれるはず。
そう信じて、心に結んでおく。 

そして、これからも 話そうね。そう残して、また少し歩いていこう。

2012.8    秋風に、夏暮れは似合うよ。
おもいと comments(2) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








聴いてくれて ありがと。
近しい人の空間に自分の音が溶けてるっていうのは、嬉しいものだね。
from. yutaka hirasaka | 2012/08/09 02:31 |
○。yutaka hirasaka さん

夏暮れ の おかげで
前を 向いたまま
言葉を 綴れたよ 。

夏暮れ も
ほかの 音たちも

変わらず そっと
わたしの日常に
溶けて くれてますよ。○

ありがとう ね。○

from. haruna yuasa | 2012/08/10 03:38 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://inl7.jugem.jp/trackback/483
<< NEW | TOP | OLD>>