うたうように、はなすように、ゆっくり、ゆっくり と。○
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
その色、
 

“泣き明かした帰り途、ただ染まらないと 心に決めたの。



―探すのは 人、居場所は 作るもの。

そんな言葉が残った帰り途、枯れ果てた夕暮れ

足元を鮮やかに照らされた。

花言葉を思い出して、また泣きたくなった。


―泣いた、
自分と いうものをとりまく不安を、見透かされて。

―泣いた、
それは、気づいているからだ。

“いまからまだ、何かを吸収するの?”
“溢れさせることも出来ないのに?”

そんな言葉が、胸の奥をついて苦しかった。


生まれた星が、とか 前世が とか

よく聴くけれど

そんなことを追及されたら
足元が見えなくなるくらい
呼吸さえ、ままならなくなるような気もした。
(それは、たとえば)

変わるのではなくて、解く方法を探さなくてはいけない。


上手なたとえ話が、見つからない話。
でも、此処に残しておこうと思ったのは

あの日
泣き終えたあと 気付いたの。

―染まらない、そまらない。

芯を強くしようと。
ゆっくりだよって。 大丈夫だって。

だって、いま
たくさんのことに感謝をしてる。

いましかないと、思うことが大事で。
だからこそ、出会って嬉しかったのだということ。

感じているから、それを信じている。
その理由は、とてもシンプル。



わたしには、好きなものがある。
わたしには、好きな場所がある。

わたしには、好きなことがある。



そして、それをずっと大事にしてきたこと。
長く ながく、想っていようと感じること。



―探すのは 人、居場所は 作るもの。

迷いの中で、辿り着いたのかもしれない。
ただしい、とか間違いだとかそうではなくてね。

手探りばかりが目立つその先を、導いてくれた人。
それを見守ってくれる人、支えてくれる人。

いま自分の在る場所で、丁寧に向き合いたい。

だから、大丈夫。ゆっくり、歩くよ。
何度でも、なんどでも

そう呟いて、笑顔で居るの。



今日は、そっとこの音楽と共に。
2012.10.17 なな / その色、




world’s end girlfriend,サントラ
Human Highway Records
(2009-09-25)

なな comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://inl7.jugem.jp/trackback/496
<< NEW | TOP | OLD>>