うたうように、はなすように、ゆっくり、ゆっくり と。○
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
2012



きっかけとは、不思議なもの。

はじまりも、おわりも。

一杯の珈琲を飲んだとき。

あの人が叱咤して、気づかせてくれたこと。

あの日、あの子が産声をあげて

同じ日、あの子はきれいなまま眠りについたり。

予期などできないことばかり、連なっている。

受け入れることは、

嬉しかったり、悲しかったり。

愛おしかったり、ひどく傷つくこともある。


―探すのは 人、居場所は 作るもの。

この先この言葉を信じていいのなら、きっと大丈夫。
そう思ったからこそ、決めたこと。

心の定まらない日々で、
変わらず漂っていて落ち着かないけれど

ゆっくり足元を暖める支度をしようと思った。

終わるのは、命朽ちるとき。

それでいいのと、糸を緩ませる。

終わるのは、命朽ちるとき。

だからこそ、今この手で触れたものを信じる芯を、持つのだと。

−−−

かたい文章に、なりました。やめます。

来年も、よろしくお願い致します。
- comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://inl7.jugem.jp/trackback/509
<< NEW | TOP | OLD>>