うたうように、はなすように、ゆっくり、ゆっくり と。○
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
わたしあう



言葉にしたいことは、たくさんあったのに

時間だけが過ぎてしまった。

やっぱり 時々無性に言葉を綴りたい。


4月が、終わる。
ライブが終わって、新しい生活のリズム作りをしていた。



わたしは、何を選ぶんだろうと

迷っていたけれど
半年の時間、自分を見つめようと決めた場所に いることにしてみた。

自分にできることなんてちっぽけだな、と思っている。

それでも
同じくらい大事にしても いいんだと思わせてくれる
ひとたちが迎えてくれたことが 嬉しかったから、

−此処に居たいと、思った。

此処にいながら、
暮らしていくことを、考えてみようと思った。

今までずっと大事にしてきたものも

これからあたためて いきたいこととも
向き合ってみたいと思った。

ひとと、あたたかなものを
渡しあえる ようになりたい。

たくさんの 渡しあいかたが あるけれど、
わたしは、わたしの歩きかたのなかで つくっていきたい。

友だちや知人。そしてこっそりと、家族が通ってくれる。
会いに来てくれるという、新しいあたたかさを仕事で感じている今。

笑顔で、『こんにちわ から ありがとう』 までを 伝えよう。心 から。




日々のこと。
だいすきな人たちと会う時間を、つくろうと思う。

隙間の時間でフレンチトーストを作って
公園と動物園に撮影に行ったり
大坂から来ていた 映像作家のmono-kuroやっちゃんに会えた。
友だちとの時間って、ほんとうにあたたか。

日本民藝館にも、はじめて行くことができた。
『アイヌの工芸 - 祈りの文様』 観れたよ。

生活のことを思いながら展示をみたり
何より場所が とても素的だった。

窓から見た しだれ桜のある庭が 落ち着く。
緑茶を、飲みたかった時間。

だいすきな友だちのお店で、
お店番をさせてもらえる時間もしあわせ。

こんな時間の使い方だからね。
会いたいひとには、『会いたい』を伝えようと思った。


4月が、終わる。
最後はすこし走り抜けてみた。
はじめてのことを、してみたり。

また、少しずつ
広がっていけたらいい。

一歩ずつ。



−−−


深呼吸、だよね。
いつも ありがとう。

haruka nakamura 『ベランダにて』を聴きながら。

おもいと comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://inl7.jugem.jp/trackback/523
<< NEW | TOP | OLD>>